トップ > クリエイティブオフィスの考え方 > クリエイティブオフィス 事務所の目的

クリエイティブオフィス 事務所の目的

人生の3分の1を占める働く空間をより快適で、より人間らしく、
よりクリエイティブな空間にしていきたい為
自然の環境に近付ける空間を作ることにより、癒されてリラックスできる為
室内環境を変えることで感性を高め、よりクリエイティブな発想を出し、仕事のやりがいを出す為
働かされてる空間から、自ら仕事を楽しむかの如く、より発想豊かに仕事をする為

事務所風景

クリエイティブオフィス 事務所の考え方

機能性を追い求めるのではなく、社員の内面性の感性を高める空間で仕事のやりがいを追求する
事務所の机の引き出しをやめて、共有の整理された書庫を作る、そして情報の共有を図る
事務所にいてるというより、リビングにいてるような心地よさを考えていく
机にはPCのモニター以外何もないようなすっきりとしている
共有書庫には、きちんと整理されていて誰でも分かりやすく使いやすい
防災グッズを常時配置して、これだけ持って避難できるようにしておく
オフィス機器はできるだけ隠し、ここが事務所であることを忘れるようなリラックスした雰囲気をつくる
木目から出てくる視覚的な感性を高める効果により、創造性を高めた空間にする
無垢の板を裸足で動くことで足の裏から木のぬくもり優しさを感じていく
調湿された心地よい空気、香り、木目からストレスを無くし、仕事に集中できる。
無垢板の机と緑をいれてより快適な空間を
そのような空間を作ることによっての、経営者が社員に対する思いを分かってもらいたい

事務所風景事務所風景